Entries

入間川のササゴイ【埼玉県狭山市 2017.06.09】

今期初、入間川のササゴイ状況を見に行ってきました。
ここのササゴイの魅力は婚姻色の綺麗なオイカワ、ウグイなど捕食する瞬間が最高でこの瞬間を撮るのには根気が入ります。
浅瀬の石と石の間で数十分動かないで魚を待ち伏せする間こちらも動かずレンズを向けたまま眼が離せません。
12時までの短時間撮影でしたが、ササゴイは飽きない程度に来ましたが捕る魚は小さく婚姻色のオイカワなどは見られません
でした。 梅雨明け以降が楽しみです。





ササゴイ …………… 魚を待ち伏せ、ロックオン!

ササゴイ1


ササゴイ2


ササゴイ3


 ⑦


ササゴイ4


ササゴイ5





まあまあの大きさです。

 ①


 ②





 ③




 ④




 ⑤




 ⑥





ロックオン! ………… 
ササゴイ11


ササゴイ12


ササゴイ13


ササゴイ14





ササゴイ15●    ササゴイ16●





ササゴイ17





ササゴイ21●


ササゴイ22


ササゴイ23





ササゴイ24


ササゴイ25


ササゴイ26





番外編 

 27


  28

その他、コチドリ、イソシギ、ツバメ、ハイブリットカモ、アオサギ、ダイサギ …………


*CommentList

多摩川の鳥 アカガシラサギ【神奈川県川崎市 2017.06.07】

EOS 7d mⅡ+ EF 400mm DO IS Ⅱ×EF1.4Ⅲ/35mm起算 896mm / 手持ち

遠くの中州にかすかに?見える後姿、 数十分後に飛び出し下流に、降りたと思われる所から再び飛び立ち中州に降りる。中州近くには釣り人がいて
再び飛び立つを繰り返し元の遠い場所に戻ってしまいました。  




アカガシラサギ(夏羽)

いるんですが微かに後姿が? ………
1●


2    3


4●





5●


6    7


8●


9●


10    11





釣り人の右手に降りましたが、落ち着かず直ぐに飛び立ちました。
12●


13    14






番外編

涼しそうです。
15●


16


下に人が居たら ……… 憤慨? 糞害! ですね。

20●

今日は少な目、11時40分に終了

葛西臨海公園の鳥 ツバメ&ホウロクシギ【 2017.06.05】

80D + EF 400mm DO IS Ⅱ×EF1.4Ⅲ/35mm起算 896mm / 手持ち


鳥類園 ……… ・上の池でツバメが飛び回っている。 風で動く葦上の雛への給餌は狙いが定まらず大変。
           ・カイツブリ、上の池の海側では雛が元気よく動きまわっています。 センター前では孵化は駄目かと思っていたところ
            親鳥が巣から離れるとかすかに一羽が見えます。 生まれたようです。?
           ・下の池にはコチドリ、ツバメ、ゴイサギ ………
西  渚 ……… ・Cマン、コアジサシも居ない、1時間ほど海を眺めていると「ホ~イン ホ~イン」と東なぎさから飛来し荒川方面に、
             数十分後また先ほどのホウロクシギの鳴き声が遠くから聞こえこちらに向かって来る! 心落ち付かせシャッターを切る。
           ・その他、ヒバリ




鳥類園 

 2


 3


 4○     7○


 5○


 6○


 8





下の池  コチドリ、ゴイサギ、ツバメ ……………

コチドリ
 22○

アオサギ
 24

ゴイサギ
 25○     26○

カイツブリ ………… 上の池 海側
 27


 28○     29○

センター前ではやっと雛一羽が孵化したようです。(6/5)
 30






西なぎさ  来た! きた! こちらに向かってくることを願い狙いを定める。

 10○     11○


 12○     13○


 14


 15


 16





ヒバリ

 17


 18○     19○


 20


 21

炎天下、熱中症には注意ですね!  訪問ありがとうございます。


大磯 アオバト Japanese Green Pigeon 【2017.06.03/土】

EOS 5D M4 + EF 600mm F4 IS Ⅱ×EF1.4Ⅲ/35mm起算 840mm

今期初の大磯のアオバト、群れは小さいながらも午前中の8時30分までは頻繁に飛来するも干潮と重なり迫力あるシーンは見られなかった。
また、早朝から子供連れで岩場は磯遊びで賑や! アオバトもゆっくりと海水を飲むことはなく直ぐに飛んでしまいます。?


【アオバトの生態 なぜ海水を飲むの??】
群れを作って岩礁の上を飛び回り、岩場に降ります。窪みに溜まった海水にくちばしを浸けて,吸い込むように飲みます。
海面に浮かんだり、尾羽や脚を海水につけたりもします。このような行動をするのは、アオバトの食べ物(果実)にナトリウムがほとんど含まれていないので、
果実からの栄養分や水分を体内に吸収するために海水吸飲(体内のナトリウム・カリウム濃度を確保)を行っているのではないかということが分かってきました。

5月初旬から10月ごろまで続き、7月から8月にかけてピークを迎えます。梅雨の明けた天気の良い日に多く飛来します。 時間は早朝、日の出から10時ごろまで
場所は照ケ崎海岸で見られます。照ケ崎の磯を一望する、大磯港のプールのそばの堤防の上は、アオバトの展望スペースとなっており、そこからあたりを眺めて見ましょう。
磯が目の前に広がり、後ろを振り返ると西湘バイパスの向こうに緑の大磯丘陵が横たわっています。すぐ手前に見える松林はエリザベス・サンダースホームの緑です。
西の方にも大磯町役場の建物を囲む松林も見え、松にアオバトはよく似合います。
照ヶ崎海岸は「大磯照ヶ崎のアオバト集団飛来地」として神奈川県の天然記念物に指定されています。
  大磯町アオバトホームページ → 大磯 アオバト HP


 1     26





①


②


③


④


⑤





 2


 3


 4


 5


 6


 7


 8


 9●     10●


 11●     12●





 14


 15


 16





 17


 18





尾浸け …………

 19

 20●     21●

 22


 23


 24●     25●



*CommentList

ササゴイ№1&サギコロニー№2【板橋区、埼玉県吉川 2017.05.31】


№2 サギコロニー

1●

2●

3●

4    5

雛、その他誕生無し 下旬あたり賑やかに?
6●

7    8

9●

10   11   12

13●

14   15   16

17●

18●

19●

21

23●

25●

28●





巣材集め
29●    30

頻繁に優雅に飛び交うサギ、昨年よりアマサギが多く見られました。