Entries

チョウゲンボウ/キジ【2013.05.27 晴れ】


 【 キ ジ 】

 山地から平地の林、農耕地、河川敷などの明るい草地に生息している。地上を歩き、主に草の種子、芽、葉などの植物性のものを食べるが、
昆虫やクモなども食べる。  繁殖期のオスは赤い肉腫が肥大し、縄張り争いのために赤いものに対して攻撃的になり、「ケーン」と大声で鳴き
縄張り宣言をする。 その後両翼を広げて胴体に打ちつけてブルブル羽音を立てる動作が、「母衣打ち(ほろうち)」と呼ばれる。
 メスは「チョッチョッ」と鳴く。 子育てはメスだけが行う。地面を浅く掘って枯れ草を敷いた巣を作る。 4-7月に6-12個の卵を産む。 オスが縄
張りを持ち、メスは複数のオスの縄張りに出入りするので乱婚の可能性が高い。非繁殖期には雌雄別々に行動する。夜間に樹の上で寝る。
  飛ぶのは苦手だが、走るのは速い。 スピードガン測定では時速32キロメートルを記録した。 人体で知覚できない地震の初期微動を知覚で
きるため、人間より数秒速く地震を察知することができる。
へぇーそうなんだぁ~

1.キジ

2.キジ

3.キジ

4.キジ

5.キジ




【 チョウゲンボウ 】

 農耕地、原野、川原、干拓地、丘陵地帯、山林など低地、低山帯から高山帯までの広い範囲に生息する。単独かつがいで生活する。
齧歯類や小型の鳥類、昆虫、ミミズ、カエルなどを捕食する。素早く羽ばたいて、体を斜めにしながらホバリングを行った後に急降下して地上で
獲物を捕らえることが多いのが特徴。ハヤブサ類だが、飛翔速度は速くない。
その視力は紫外線を識別することが可能で、 この能力は主食である齧歯類の尿が反射する紫外線を捕捉し、捕食を容易にさせていると推測
されている。 ハヤブサと異なり、捕らえた獲物は周囲が安全ならばその場で食べる。


6↑

6.チョウゲンボウ

7.チョウゲンボウ

8.チョウゲンボウ

9.チョウゲンボウ

9↓



10.チョウゲンボウ

11.チョウゲンボウ





*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。