Entries

水元公園の鳥たち オオヨシキリ/大葦切【2013.05.17 晴れ】

身体を悪くし、術後早12日が経過した。 7月の再手術を予定される中、禁煙続行、機材を軽くし、リハビリを兼ねての鳥撮りである。
今日の天気は晴れ、風もない、鳥仲間との合流である。 日陰に荷物を置き、目の前の「オオヨシキリ」のフィールドでの撮影。
繁殖期を迎え縄張りを作りギョギョギョ、ギョギチ、ギョギョと大きく濁った声で鳴く、口の中は「オレンジ、赤色」が特徴で夏に向かって本番を迎える。

生 態 : ヨシ原等に生息。 食性は動物食で、昆虫類、節足動物等を食べる。 ヨシ原や周囲の森林で獲物を捕食する。 ヨシを切り裂いて中にいる
      獲物を捕食するとされ、和名の由来とされる。  繁殖形態は卵生。 繁殖期には縄張りを形成し、しばしば1羽のオスに対し複数羽のメスに
      よるハーレムを形成する。 ヨシの茎や葉等を組み合わせたお椀状の巣を作り日本では5-6月に1回に4-6個の卵を産む。 メスのみが抱卵
      し、抱卵期間は13-15日。 雛は生後11-13日で巣立つ。 カッコウに托卵の対象とされることもある。


    【オオヨシキリ】 6月に入ると更に口の中が真っ赤になる。 再挑戦で違いを見ることにする。!
   1.オオヨシキリ


2.オオヨシキリ 3.オオヨシキリ


4.オオヨシキリ 5.オオヨシキリ


6.オオヨシキリ 7.オオヨシキリ


   8.オオヨシキリ


   9.オオヨシキリ


10.オオヨシキリ 11.オオヨシキリ

    【キビタキ】 薄暗い林の中。 帰り際10分程度の撮影、ラッキーでした。 
   12.キビタキ


   13.キビタキ


   14.キビタキ


   16.キビタキ



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。