Entries

野鳥 コミミズク(千葉農耕地 1月23日 晴れ)

 鳥友 Uさんがgoodなコミミズクを撮っている。 現地状況を無理を言って教えて頂き現地に向かった。
我が家から電車とタクシーを利用、9時30分現地到着、広大な農耕地に誰も居ない! 鳥の姿がない、不安なところにUさんから電話があった。
改めて場所を確認し合流するところチョウゲンボウが飛来、ホバリングを撮る。、移動途中、遠いがコミミズクの飛翔を確認、 機材セットし写す。
午前中、2度の飛翔を確認 昼近くになるとCマングループが多く現れ始める。午後の飛翔は少なかったが10分ほど飛翔してくれた。
飛翔のバックは良くなかったが Uさんのお陰で一日楽しませてくれた。
 
コミミズク
  分布;日本では冬季に越冬のため全国的に飛来する(冬鳥)
  形態;全長38.5cm。頭部から背面の羽毛は褐色。腹面の羽毛は薄褐色で、暗褐色の縦縞が入る。
       虹彩は黄色。外耳状の羽毛(羽角)が短い(小さい)ことが、和名や英名の由来。
  生態;水辺の草原や湿地等に生息する。単独もしくはペアで生活するが、冬季には小規模な群れを形成し集団で眠る。夜行性だが、昼間に
      活動することもある。地上に降りたり、杭などにとまっていることが多い。食性は動物食で、昆虫類、小型の鳥類、小型哺乳類等を食べる。
                                                                                   Wikipedia抜粋
1 .コミミズク 2.コミミズク

 チョウゲンボウ
3.コミミズク 4.コミミズク

5.コミミズク 6.コミミズク

8.コミミズク 9.コミミズク

10.コミミズク 11.コミミズク

12.コミミズク 14.コミミズク


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。