Entries

雷門の大提灯、浅草のシンボル新調【台東区・墨田区・中央区 2013.11.18/月】  


                 ぶらり散歩 ……………

                 雷門の大提灯が取り外されたのは9月中旬、10年ぶりに浅草のシンボル大提灯が新調され18日に披露されました。(今回で5回目)
                 雷門で奉納式典が行われ、門の正面に張られた白い布が取り払われると、真新しい大提灯が姿を現しました。

                 新しい大提灯は約40年前から製造を請け負っている老舗「高橋提燈」(京都市下京区)が1年かけて福井産の手すき和紙や丹波産の
                 竹などの材料を集め、9月初旬から制作に取り掛かり、高さ3.9メートル、幅3.3メートル、重さがおよそ700キロの大提灯を作り上げました。


                 大提灯は、江戸時代末期に一度、雷門とともに焼失、昭和35年に大手電機メーカーの創業者が新たな雷門を寄贈したのに合わせて奉納
                 その後、10年に1度張り替えが行われていて、ことしは雷門の塗装工事に合わせて電機メーカーが奉納しました。 (HP調べ)

 
①


白布が外された瞬間です。

②




③  ④





⑤  ⑥


枕橋からの撮影

⑦  ⑧


墨田公園  カワセミがいました。 小学校の頃、良く通った公園です。 ヒョウタン池と言ってフナ・ライギョを釣って遊びました。

⑨  ⑩



⑪  ⑫


⑬  ⑭


⑮  ⑯


⑰  ⑲




【 銀座のキューピット 】

1997年11月、銀座のジュエリー・ウォッチショップ「銀座天賞堂」がリニューアルした際、「お店のシンボル」として40年にわたって天賞堂の記念品を手がける
彫刻家、山田朝彦氏の手によって誕生したのがこの天使。天賞堂(てんし(天使)ょうどう)との言葉合わせや、ブライダルジュエリーを扱っていることなどから
「キューピッド役」を任命されての誕生でした。彼の仕事は、路地から歩いてくるカップルに向って愛の矢を射ること。この矢で射られたカップルは「幸福」になれ
ると言われています。                                                      所在地 東京都中央区銀座4-3-9 (銀座天賞堂前)


⑳  21




*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。