Entries

ササゴイ、婚姻色のオイカワ漁始まる!【埼玉県狭山市 2017.06.26】

7.
先日より増水! 見えていた石が20cmほど水没、魚の活性は良いようで6羽の漁のうち5羽が婚姻色のオイカワを瞬殺!
迫力は頂点に達する。 この場所は上目線で撮影するため背中が大きく映り込みi迫力に少々かけるため、極力姿勢を低
くし、時には地面に座るなどして撮影した。




ササゴイ ………… 婚姻色のオイカワ漁始まる。

1.8時33分~8時35分(撮影時間)

1.8.33-8.35●


2.8.33-8.35●


3.8.33-8.35    4.8.33-8.35


5.8.33-8.35    6.8.33-8.35





2.10時01分~10時03分(撮影時間)

1.10.01-10..03    2.10.01-10..03


3.10.01-10..03●


4.10.01-10..03    5.10.01-10..03


6.10.01-10..03●





3.11時14分~11時16分(撮影時間)

1.11.14-11.16●


2.11.14-11.16●


3.11.14-11.16     4.11.14-11.16


5.11.14-11.16     6.11.14-11.16





4.12時29分~13時37分(撮影時間)

1.12.37-12.29●


2.12.37-12.29●


3.12.37-12.29    4.12.37-12.29


5.12.37-12.29●





5.12時57分~13時01分(撮影時間)

1.12.57-13.01    2.12.57-13.01


3.12.57-13.01●


4.12.57-13.01●


5.12.57-13.01●


6.12.57-13.01●





その他

①


②


③


④

狩り、漁をする魚の大部分は婚姻色の綺麗なオイカワ、その場で食するもの、逃げられないよう直ぐに後方に移動するもの、一瞬を逃さないようちょい神経の疲れる撮影であった。
また、SSを下げて撮影を試みたが被写体ブレ等が多くあり良いものは少なかった。  三脚、一脚、椅子、日傘等は必須!



その後のツミっチ、オナガっチ【江戸川区 2017.06.23】

7.
・ツミっチは5羽、今日5羽が外に出た。 頻繁に親鳥が餌を与え雛はたくましい成長し羽ばたきの練習をしている。
・オナガっチも5羽、数メートル離れたツミの撮影場所の上では30~40分程の間隔で餌を運んで来る。親鳥の鳴き声と
 ともに雛たちは首を長くして餌をねだる。こちらも元気一杯である。





オナガっチ ……… ツミの動きのない合間に撮影、親の鳴き声とともに雛たちは首を長くして餌をねだる。 

1    2


3●


4    5


6●


7●


8●


9●


10    11





ツミっチ ………… 立派に成長しています。

12    13


14●


15●


16●


17    18


19    20


21●


ツミ&カイツブリの子育て【2017.06.19】


・ツミの子育て5羽、今日3羽が巣離れした。近くの枝に止まっては巣に戻る仕草を繰り返す。残りの雛も巣の中で元気に
 羽ばたきの練習をしている。   カラスがツミ、オナガの営巣場所に入った。凄いスピードで追いかけるツミと同時に
 オナガも7~8羽でカラスを追いかける。凄まじい威嚇の鳴き声が響き渡る。…………
・葛西臨海公園のセンター前のカイツブリの雛は5羽になった。親鳥の羽の中に3羽とこちらも子育て真っ最中!
 下の池ではダイサギ、コチドリのみ。 西なぎさは人影なくコサギ、ダイサギのみで時たまコアジサシが飛んで来る。 




1●1 (1)


1●1 (2)


1●1 (3)    1●1 (4)


1●1 (5)    1●1 (6)

巣離れ

1●1 (7)    1●1 (8)





オナガ ………… ツミの近くでオナガも営巣、時たま雛が顔を出します。

1●1 (9)    1●1 (10)


1●1 (11)    1●1 (12)





= 葛西臨海公園 =

1●1 (13)    1●1 (14)


西なぎさ ………… コアジサシ

1●1 (15)    1●1 (16)


1●1 (17)    1●1 (18)





カイツブリ ………… 子育て中 雛5羽誕生

親鳥の背中に3羽の雛

1●1 (20)

1●1 (21)

1●1 (22)

1●1 (23)


*CommentList

埼玉、群馬、栃木県を探鳥 【2017.06.17】



渡良瀬遊水地にて「トラフズク」雛3羽、親の一羽は葉で隠れかすかに確認できる程度。 雛3羽並ぶもファインダーに入らない近さで撮影40分
次は群馬県に入り田んぼでのケリ・アマサギを撮影、そしてお目当ての栃木県のサンコウチョウの営巣場所へ、………
静まり返った杉林、薄暗くうっそうとした杉の中の巣を探すのは一苦労、見つけた巣には♀が見える。 ♂の鳴き声が遠くから近くに聞こえると同
時にが♂♀が入れ替わり餌を与える。
ピンも合いにくい撮影条件の中であったが地元鳥友のお陰で12時までの短時間、大満足の撮影ができました。 




トラフズク ……… 雛 並んで三羽  近すぎて一羽づつ撮影

  1     2     3


  4    5


  6     7     8





ケリ ……… ある一定の距離に近寄ると飛んでしまう 撮影が難しい。 

  9      10





アマサギ …………… ダイサギなどの群れの中に一羽

  11      12





サンコウチョウ ………… 誰も居ない杉林、背景が明るいく被写体は真っ黒! トーンカーブを上げて調整 

  13


  14


  15     16     17


  18      19


  20     21     22



*CommentList

ツミの子育てとオナガ【江戸川区 2017.06.15】

1●    2●





3●    6●


4    5


7●





ツミの営巣場所にオナガあり
8    9


10    11


12●


13    14


15    16





帰りに葛西臨海公園立ち寄り  カイツブリの雛は4羽  元気に育っています。

18●


19●


20●


21●